鳩対策の話。

皆さまこんにちは。


三寒四温と言いますが、寒暖差激しすぎない・・・?と思う今日この頃です。
いかがお過ごしですか?



さて今回は突然の鳩対策のお話。


裏表なくそのまんま、心理学全然関係ないです。
でももしかしたら誰かのお役に立つかもしんない・・・!


季節問わずベランダに襲来するのが鳩ですが、暖かくなってくると勢いが増します。


くるっくーくるっくー鳴きながら徘徊し、少々の物音では逃げず、追い払っても何度もやってくる、鳩。


挙句の果てに、巣も作らずに卵を産むことがあるという鳩。


私、鳩は遠目に見るのはいいんですけど、ベランダで繁殖されるのは困る派でして。


昨年から取っている対策がこちらになります。

f:id:grace-grace:20210221123424j:plain

(あまり綺麗じゃないのは見逃してね)


アロマオイル+素焼きストーン+入れ物。
 【アロマオイル】
  ・生活の木
  ・シトロネラブレンドエッセンシャルオイル
    (シトロネラ、ユーカリ、レモンユーカリ
  ・10ml
  ・ 1,650円(税込)
 【素焼きストーン】
  ・無印良品
  ・10個入り
  ・650円(税込)
 【入れ物】
   家にあった、多分頂き物のプリンとかの容器。
       



これがね、けっこういいんですよ・・・!


ベランダの両端に置いて、3〜4日に1回、アロマオイルを素焼きストーンに数滴垂らすだけなんです。


手間もかからないし、このペースだとアロマオイルもかなり持ちます。


で、鳩がやってくる頻度が減りました!


上下左右のお部屋にはしょっちゅう飛来しているようなのですが、うちには来ない。


たまーに手すりに止まっても、すぐに飛び立って行くので、落とし物もほぼ無し。


鳩が様子見にやってくる段階なら、効果あるかもです。
(もちろん落とし物は掃除して、隠れ家になりそうなものは片付けてます)


ただ、うち以外で検証していないので、保証はできないんですけど。



このアロマオイルを選択した自分を褒めたい・・・!


あっ、別に詳しくはないです。


生活の木で店員さんに「鳩除けになるアロマオイル」を聞いたんですが、「どれでしょうね・・・」と困惑されたんですね。


なので、「虫除けになるアロマオイル」を教えてもらって、その中から選んだんです。


でも「当たりだったんじゃないの?」と一人ニヤニヤしております。


まあそんだけのお話です。


「鳩が飛来するという問題を作ることで、私は自分に何を・・・?」とか「これは鳩に対する執着があるということ?これを手放すためには・・・?」とか考えません!(笑)


物理的に解決できることは、物理的に解決するも良し。
そんだけのことでございます。


この記事が、どなたかのお役に立てれば幸いです。
役に立たなかったらごめんね!


 

年末年始は有言実行。

年末年始は、有言実行。

はい、今頃になって年末年始の話です。


何を有言実行したかというと。

小説を、シリーズ1巻から読み直してました!
(大掃除? フッ、聞くなよそんなこと。野暮ってもんだぜ)


と言うことで、今回は私が大好きな小説を読んだよ!という記事です。



ふー、生き返るわ。
満ち満ちるわ。

私の中の何かが。


やっぱ小説はいいね!




その小説の名は「イズミ幻戦記」なんですけど。

ご存知かしら。どうかしら。


(文庫版や新書版は入手困難ですが、電子書籍化されてるようです)


スーパーファンタジー文庫、という今はなき文庫からの発刊でした。


舞台は、高度機械化文明社会が崩壊した世界。
拓己と省吾は、行方知れずとなっている仲間の響子を探して旅をしているのです。


サイボーグやら情報屋やら隊長やら、いろーんな人たちが登場しますよー。



私は、この小説に出てくる人のなかではダントツに、拓己と省吾が好きです。
(主人公たちなので当然かもですが)


拓己といえば省吾。
省吾といえば拓己。


そこにイズミちゃんという存在が絡んでくるんですが、私の中ではやっぱり拓己と省吾。




特に省吾がね、ものすごく可愛いんですよ。

頭が良くて、意地っ張りで、自分のことが嫌いで、分かりにくそうで、分かりやすく可愛いんですよ・・・。



そして拓己はね、ストレートに可愛いんですよ。

運動神経が良くて、元気で、人懐っこくて、そのくせどこか危なっかしくて、目が離せないんですよ・・・。



さて、今回はこの2人を心理学的に分析・・・しません!

できない!
雑念が多くてできない!
感情移入しすぎてできない!


途中から、「拓己いいいい!省吾おおおお!」と叫びだす自信がある!


いや、私がブログ書いてる様子を側から見れば普通ですよ?
むしろ無表情かと思われますよ?


一応、大人なので、やたらと叫んだりはしませんよ?


でも条件が揃えば叫ぶ。
ああ、叫ぶともさ。




好きってやつはすごいです。
いろんなものを吹き飛ばしていく。



好きなものがあるなら、すごく幸せなことだと私は思います。



あなたの好きなものは何ですか?

好きだったものはありますか?



あなたが、好きなものに夢中になれる時間を過ごせますように。


  





問題です。
今回の記事で、「拓己」と「省吾」を、ここまでに何回書いているでしょう?

制限時間は20秒です!

チッチッチッチッチッ




答え:8回(たぶん)。


 

お寿司とパスタと炒飯と。

こんにちは、めぐです。


ある週末、家族3人で、フードコートでご飯を食べました。

フードコートは、食べたいものがバラバラなときにも便利ですよね!


私はお寿司。
8貫セットの握り寿司。

美味しいけど、お店の写真のイメージよりも小ぶりなお寿司・・・。


(お値段が手頃なので、妥当ではある。
 小さいので、かわいいっちゃかわいい)



食べながら、
「あとでお腹空きそうだなー」と言ったら、


息子が「僕のパスタ分けてあげるよ」
夫が「じゃあ、炒飯分けてあげるよ」

ですって。



あら、優しい。


でも、お寿司とパスタと炒飯の取り合わせは、どうなんだろう・・・。


ということで、気持ちだけありがたく。




こういうのは、ほのかに、じんわりと嬉しい。



愛されてるなあ、私。

と思ったのでした。




「幸せは感じるものだ」って言うけど、本当ね。






でも、次は握り寿司じゃなくて海鮮丼にしてみよっと。






  

私の2021年

私の2021年は、
地に足つけて、着実に。


つまり、地味にいきます!





ゆったりと、家族と過ごす時間を楽しむ。
家を片付けて、居心地良くする。


これまでに学んだことを整理して、落とし込む。
クライアントさんに伝えるための技術、言葉を磨く。


師匠のアシスタントをする。
お弟子仲間と勉強したり遊んだりする。



そんなふうに、これまでの継続をしつつ、バランスを変えて、より充実した日々を送ります。




当面はね、今のお仕事を頑張ります。
無理のない、私なりのベストで。





あなたの2021年は、どんな年にしますか?


新年で、いろんな人の目標や抱負を目にする機会が多いかもしれません。

私の2021年も、参考にしていただけたら幸いです。


読んでくださってるあなたにとっても、書いている私にとっても、良い1年となりますように。
 

というか、良い年にしましょう!


 

  

2020年の「自分を褒めたいこと」

もうすぐ2020年も一区切りですね。


2020年は、想像もしなかったことが起こった年でした。
当たり前だと思っていたことができなくなりました。

「日常」に有り難みを感じることも多かったです。



そんな中、自分を褒めたいことは何かを振り返ってみたいと思いまーす!


いろいろあるけど省略して(←え)、



「私えらい!大賞」は!





じゃじゃじゃん!



根本裕幸氏のお弟子制度に申し込んだこと」
でーす!!



えいっ!と申し込んだ私、えらい。
受講料を支払えるだけの貯金があった私、えらい。


おかげさまで、新たなことにチャレンジし、充実した年になりました。



お弟子制度での「初めて」は、こんな感じ。

・師匠のDVDを見た
Facebookを始めた
・zoomを使った
・ブログを始めた
・お申込みフォームを作った
・無料モニターさんを募集して、カウンセリングをした
などなど。


これまで遠巻きにしていたオンライン関係が多いですねー。



私にとって一番大きなチャレンジは、無料モニターさんを募集することでした。


ものすごく、怖かったの。


でも、やってみて良かった!!と思います。

ものすごく面白くて、難しくて、やっぱり面白かった!!



カウンセラーやりたい。
そのための一歩を踏み出す力になりました。


きっとね、この感覚が私を支えてくれると思うのです。

こんな経験をさせてくださったモニターさんには、本当に感謝しています。




あとは、お弟子仲間ができたことも嬉しくって、とても心強く思っています。

同期になる3期もね、先輩方もね、個性的で素敵なんですよ。
うふふふふふ。


これも、お弟子制度に申し込んだから。


だから、私、えらい!
えらいなー!



※お弟子制度の4期はオンラインで、5期は東京で開催予定だそうです。
 私は会場とオンライン半々で受講しました。
 zoomで受講すれば、リアルタイムで質問もできるし、お弟子仲間でのグループ討議やシェアもできますよー。


nemotohiroyuki.jp




自分を褒める記事って、書いてるうちに気分良くなりますね(笑)

それではまた。
めぐでしたー。





  

 

プレゼントみたい。

みなさまこんにちは。
クリスマスはいかがお過ごしでしたか?


私は、特別なことは何もなく、それもまた良きかなと思いつつ過ごしておりました。


で、ですね。


一昨日だったかな、長年(かれこれ30年・・・?)ずっと大好きな小説家さんのnoteを発見してしまいまして。


しかも、短編をいくつか公開されてて!
大喜びで読みましたよ。


特にですね、続きが気になってた作品の短編があって。
ほんの数ページなんですけど、




うううううれしいいいいー。

ああ、

拓己だー・・・
省吾だー・・・


(ここだけで分かった人は、同好の士です。
 今度、語らいましょう)


元気だあ、良かったあああ。

と、嬉しくてほっとして泣きました。
↑泣くくらい嬉しかった、ではなく、ほんとに泣いた。




ふと思い立って検索した結果なわけですが、
私にとってはとても嬉しい出来事だったわけで。



自作自演ですが、時季的にクリスマスプレゼントみたいだなあ、って思ったのでした。




自分が喜ぶことをしてあげましょう。
って聞いたり読んだりするけど、自分が何を喜ぶのか、再発見した気持ちになりました。



なんか最近、物足りないなあ?
と思うときは、これまでに自分が好きだったものに触れてみるといいかもしれません。






大好きだ!って気持ちは、楽しい。



年末年始は、シリーズ1巻から読み直してみよっかな。

  
  

朝の出来事

朝、信号待ちをしていた。
大きな幹線道路を渡るための、信号。


早い時間だったから、人はまばら。

歩道をゆっくり、歩いてくる年配の男性。
少し足が不自由そうかな、と思った。
近くには土手があるし、朝のお散歩かな。


私の前で信号待ちをしているのは、30代くらいの男性。
ラフな格好で、ちょっとだけ怖そうな感じに見えた。
たまに、この交差点で見かける気がする。


その人が、年配の人に向かって、大きめな声で何か喋った。
車の音で、何を言ってるかは分からなかった。
同時に信号機の柱のところをガチャガチャガチャと乱暴に押した。


何を言ったんだろう。
おじさんに気に入らないことでもあったとか?


そっと様子を探り、何を押したのか確認したら、歩行者信号の青を延長するやつだった。


あっ、そういうことか。
ようやく私は理解した。


気づかなかったな。

ゆっくり歩いてくる人と、長い横断歩道と、延長ボタンが繋がらなかったな。


数秒前の光景を思い出してみる。
おそらくだけど、「足悪いんか。いるんだろこれ。押しといたるわ」みたいなことを言ったんだろうと思った。


優しい人だなと思った。



信号が変わり、私たちはそれぞれ歩き出した。


ちょっと怖そうなあの人は、私の少し前を行く。
でもほんとはもっと早く歩けるんじゃないかな。


振り向かないけど、きっと、後ろを歩いているおじさんの気配を探っている。


自分は渡り切っても、もし立ち往生しそうなら駆け戻れるくらいの距離にいる。


私もさりげなく後ろを見る。



信号は点滅し始めたけど、おじさんは渡り切るところだった。


あの人も、おじさんが渡るのを確認したのか、もう気にしていないように見えた。

私とは違う方向へ歩いていく。



バスが見えて、私は走り出した。




*  *  *  *  *





なんというか、世界ってものすごく優しいんじゃないかと思える時間でした。

残しておきたくて、記事にしてみました。



えへ。



読んでくださってありがとう。