「あなたの恋の傾向をチェックする心理テスト」をしてみたら

あ、あれ?
おっかしーな、想定と違うな?



まあ、そんなこともある。


皆さまこんにちは、めぐです。



先日、師匠のブログで、

「あなたの恋の傾向をチェックする心理テスト」

とやらがあったので、面白半分でやってみました。

こちらです↓
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/40970




まっ、私、それなりに落ち着いたお年頃ですし。
細く長く心理学を学んできた身ですし。
ねえ?
と余裕をかまして挑んだ結果がこちらです。


type A 39/ 50 点(重たい女)
type B 27/ 50 点(一人に絞れない女)
type C 43/ 50 点(問題児コレクター)
type D 33/ 50 点(野良猫男児愛好家)
   計 142/200点

(判定)
24点以下・・・このタイプの真逆のタイプだな!
25~34点・・・ちょっとこのタイプの傾向あり!
35点以上・・・ガッツリこのタイプじゃね?




あれっ?
全体的に、高得点・・・?


重たい女は、まあ、そこそこ自覚はありましたが(あるんか)。


問題児コレクターの高得点は予想外です。


えっなんで?


コレクションしてないよ!
そもそも恋愛遍歴は地味ですよ!
お弟子仲間の華々しい戦歴に圧倒されっぱなしですよ!


ぐぬぬぬぬぬ。




・・・いやまあ「傾向」ですしね。(なんの負け惜しみ)



で、本来ならこの心理テストを受けて、先輩方の講座への案内、となれば華麗なステマになったんですが。



申し込み期限、とっくに過ぎてるわ!!



うん、まあ、せっかく書いたんだし、ボツにせずに載せちゃいますが。


師匠作成の心理テスト、
良かったらお試しあれ。


  
  

しんどかったのは、どうしてかな

あれっ、もしかして、そういうこと?



ふと気づくと、それまで重くのしかかっていた問題が、ふっと軽くなることがある。



自分で自分の謎を解くみたいに。
「せいかーい!」ってなる。



こんにちは、お久しぶりです皆さま。


更新してないのに、ときどき見にきてくださる、奇特なあなた。
ありがとうございます。


さてさて。
私は、これまでも「ん?」と気づいたときに問題が解決する、という経験をしています。


今回は、お仕事関係でした。


実はここ半年くらい、息苦しくて重たくてしんどかった。


笑う余裕もなかったり、仕事中なのに涙が出そうになったり、動悸がしたり、手が冷たくなったりもしていた。


いつもいつも仕事のことが頭にあって、あまり眠れなくて、気がつくとぐるぐる考えてたりした。


息を詰めてて、力が入りっぱなしなのに、ストレッチしても楽にはならなかった。


・・・振り返ってみると、結構、危ないですね?
あと一歩ずれてたら、落ちてるわね?


低空飛行でも墜落しない、は私の得意技(?)ですが、自慢できることでもないな。


でも、渦中にいるときは、よく分からないものなんですよね。
必死だからね。



6月に入って、ようやく仕事が落ち着きました。


で、少し余裕ができたので、
「なんでこんな状態だったんだろう?」
と自分に問うて見たならば。


「愛着があったんじゃない?」
という答えが返ってきました。


何に、ってこれまで勤めてきた職場に、でしょうねえ。
長く勤めてきたんですが、辞めたいって思ってたから。


愛着があったから、嫌いになりたかった、のかなあ。
嫌いになったら、辞めやすいって思ったのかなあ。
先に傷ついておこう、と思ったのかなあ。



しんどい状況を望んだのは、愛着があったから。


(まあ、ほかにも罪悪感とかありそうですけど)



ああそっか、そうかもな。
って思うだけなんですけど。


すごく楽になった。



気づくって面白いなあ、と思うのです。


思いがけない気持ちが隠れていることがある。




でも、しんどいのナシで気づけるようになりたいわ(笑)



     
   

小さく丸めちゃえ

皆さまこんにちは。


感情が動くと、身体に反応が出る。
そんな経験はありますか?


笑ったり泣いたりなんかもそうですよね。


私の場合は、胃が躍り出すことがあります。


いきなり、

うえっ。
うえっ。
うえええええ。


となります。
普段はいたって静かに消化活動をしている胃なのに、活きのいい魚みたいに飛び跳ねるのです。


でも何も出てこない。


お腹の底に、レンガみたいな大きさの、もやっとした黒い塊のようなものがあって、それを吐き出したいのに、つっかえて出てこない。


それで、毎回、うえええええ!となるわけです。
止めたいのに止まらなくて、涙目になったりするわけです。


が、ふと思い立ってですね、その黒い塊を丸めてみたんです。


1mmくらいの顆粒レベルに、ぎゅっと。


そしたら、胃がぴたりと大人しくなりましてん。
ふっしぎー。


黒い塊が小さくなったら、深い呼吸ができて、気持ち良かったですよ。


良かったら、お試しあれ。
って、そんな状況になる人はどのくらいいるのかしら。


いつか、どなたかのお役に立てば幸いです。





ちなみに、その黒いやつ。
小さくしすぎて、行方不明な気配がします・・・。


まあいつかそのうち、ぽろっと出ていくかもしれません。


   

自分で運ぶか運ばないかは選べる

みなさま、こんにちは。
いかがお過ごしですか?


私、先日、びっくりする出来事に遭遇しました。


ある女性社員がですね、小さな段ボール箱を、男性社員に運んでもらってたの!!


その女性社員は華奢なひとなんですけど、それでもその小さな段ボール箱は、普通に運べそうな感じ。


な・の・に。
わざわざ、男性社員を呼んできて、運んでもらってたんです!!


私は一瞬、何が起こったか分からなかった・・・!


しばらくして理解したのち、「す、すげー!!」と思いました。


「こ、これが女子力なのか!
 助けさせてあげるってやつか!」


いや、もしかしてその女性社員は、腰を痛めてて慎重になってるとか何か事情があるのかもしれないがしかし、私は感動したのです。



振り返ってみれば私、つい自分でやってしまいがちです。


コピー用紙が無くなれば、後輩くんに頼まずに、自分で倉庫に取りに行きます。


で、A4コピー用紙1箱、担いで帰ってくるわ。


あ、担ぐのは、階段降りるときに足元を見えるようにしたいのと、手すりを掴めるようにしておきたいという安全上の理由からですよ?
(なんの言い訳)


まあつまり、コピー用紙の箱を担いでくる自分は嫌いではない。


むしろ、少し重たい箱を運ぶスリルをちょっと楽しいとか、運んでる自分カッコよくね?とか思ってたりするくらいだ。


なので、小さな段ボール箱を運んでもらうという発想は私にはなかったのですが。


場合によっては「お願いする」と言う選択肢もあるのだな!


という例を見せてもらっちゃいました。


重たいものでも運べるなら自分で運びたい私と、誰かに運んでもらいたい女性社員、どっちもありだもの。


あと、同じ出来事を見て、もしも腹が立つようなら、「私ちょっと頑張りすぎ」のサインなんだろうなとも思いました。


腹が立つってことは、
やりたくないことを無理してやってたり、それに気づかないふりをしてたり、疲れてたり、甘えたいのに我慢してるってことだったりしません?


つまり、コピー用紙運ぶのが楽しい時は自分でやっちゃうけど、めんどくさいときは誰かに頼んでもいいってことです。


選べるってことです。


選べる、って意識できているときは、自由があるのだろうと思います。


私は私だものね。


ということで、日常で発見があるとお得な気持ちになる、めぐでした。








ん?コピー用紙1箱って10キロくらいかな??
2歳の子どもの体重くらいだと思ったら、そこまで重くない気がしてきたな・・・。


  

鳩対策の話。

皆さまこんにちは。


三寒四温と言いますが、寒暖差激しすぎない・・・?と思う今日この頃です。
いかがお過ごしですか?



さて今回は突然の鳩対策のお話。


裏表なくそのまんま、心理学全然関係ないです。
でももしかしたら誰かのお役に立つかもしんない・・・!


季節問わずベランダに襲来するのが鳩ですが、暖かくなってくると勢いが増します。


くるっくーくるっくー鳴きながら徘徊し、少々の物音では逃げず、追い払っても何度もやってくる、鳩。


挙句の果てに、巣も作らずに卵を産むことがあるという鳩。


私、鳩は遠目に見るのはいいんですけど、ベランダで繁殖されるのは困る派でして。


昨年から取っている対策がこちらになります。

f:id:grace-grace:20210221123424j:plain

(あまり綺麗じゃないのは見逃してね)


アロマオイル+素焼きストーン+入れ物。
 【アロマオイル】
  ・生活の木
  ・シトロネラブレンドエッセンシャルオイル
    (シトロネラ、ユーカリ、レモンユーカリ
  ・10ml
  ・ 1,650円(税込)
 【素焼きストーン】
  ・無印良品
  ・10個入り
  ・650円(税込)
 【入れ物】
   家にあった、多分頂き物のプリンとかの容器。
       



これがね、けっこういいんですよ・・・!


ベランダの両端に置いて、3〜4日に1回、アロマオイルを素焼きストーンに数滴垂らすだけなんです。


手間もかからないし、このペースだとアロマオイルもかなり持ちます。


で、鳩がやってくる頻度が減りました!


上下左右のお部屋にはしょっちゅう飛来しているようなのですが、うちには来ない。


たまーに手すりに止まっても、すぐに飛び立って行くので、落とし物もほぼ無し。


鳩が様子見にやってくる段階なら、効果あるかもです。
(もちろん落とし物は掃除して、隠れ家になりそうなものは片付けてます)


ただ、うち以外で検証していないので、保証はできないんですけど。



このアロマオイルを選択した自分を褒めたい・・・!


あっ、別に詳しくはないです。


生活の木で店員さんに「鳩除けになるアロマオイル」を聞いたんですが、「どれでしょうね・・・」と困惑されたんですね。


なので、「虫除けになるアロマオイル」を教えてもらって、その中から選んだんです。


でも「当たりだったんじゃないの?」と一人ニヤニヤしております。


まあそんだけのお話です。


「鳩が飛来するという問題を作ることで、私は自分に何を・・・?」とか「これは鳩に対する執着があるということ?これを手放すためには・・・?」とか考えません!(笑)


物理的に解決できることは、物理的に解決するも良し。
そんだけのことでございます。


この記事が、どなたかのお役に立てれば幸いです。
役に立たなかったらごめんね!


 

年末年始は有言実行。

年末年始は、有言実行。

はい、今頃になって年末年始の話です。


何を有言実行したかというと。

小説を、シリーズ1巻から読み直してました!
(大掃除? フッ、聞くなよそんなこと。野暮ってもんだぜ)


と言うことで、今回は私が大好きな小説を読んだよ!という記事です。



ふー、生き返るわ。
満ち満ちるわ。

私の中の何かが。


やっぱ小説はいいね!




その小説の名は「イズミ幻戦記」なんですけど。

ご存知かしら。どうかしら。


(文庫版や新書版は入手困難ですが、電子書籍化されてるようです)


スーパーファンタジー文庫、という今はなき文庫からの発刊でした。


舞台は、高度機械化文明社会が崩壊した世界。
拓己と省吾は、行方知れずとなっている仲間の響子を探して旅をしているのです。


サイボーグやら情報屋やら隊長やら、いろーんな人たちが登場しますよー。



私は、この小説に出てくる人のなかではダントツに、拓己と省吾が好きです。
(主人公たちなので当然かもですが)


拓己といえば省吾。
省吾といえば拓己。


そこにイズミちゃんという存在が絡んでくるんですが、私の中ではやっぱり拓己と省吾。




特に省吾がね、ものすごく可愛いんですよ。

頭が良くて、意地っ張りで、自分のことが嫌いで、分かりにくそうで、分かりやすく可愛いんですよ・・・。



そして拓己はね、ストレートに可愛いんですよ。

運動神経が良くて、元気で、人懐っこくて、そのくせどこか危なっかしくて、目が離せないんですよ・・・。



さて、今回はこの2人を心理学的に分析・・・しません!

できない!
雑念が多くてできない!
感情移入しすぎてできない!


途中から、「拓己いいいい!省吾おおおお!」と叫びだす自信がある!


いや、私がブログ書いてる様子を側から見れば普通ですよ?
むしろ無表情かと思われますよ?


一応、大人なので、やたらと叫んだりはしませんよ?


でも条件が揃えば叫ぶ。
ああ、叫ぶともさ。




好きってやつはすごいです。
いろんなものを吹き飛ばしていく。



好きなものがあるなら、すごく幸せなことだと私は思います。



あなたの好きなものは何ですか?

好きだったものはありますか?



あなたが、好きなものに夢中になれる時間を過ごせますように。


  





問題です。
今回の記事で、「拓己」と「省吾」を、ここまでに何回書いているでしょう?

制限時間は20秒です!

チッチッチッチッチッ




答え:8回(たぶん)。


 

お寿司とパスタと炒飯と。

こんにちは、めぐです。


ある週末、家族3人で、フードコートでご飯を食べました。

フードコートは、食べたいものがバラバラなときにも便利ですよね!


私はお寿司。
8貫セットの握り寿司。

美味しいけど、お店の写真のイメージよりも小ぶりなお寿司・・・。


(お値段が手頃なので、妥当ではある。
 小さいので、かわいいっちゃかわいい)



食べながら、
「あとでお腹空きそうだなー」と言ったら、


息子が「僕のパスタ分けてあげるよ」
夫が「じゃあ、炒飯分けてあげるよ」

ですって。



あら、優しい。


でも、お寿司とパスタと炒飯の取り合わせは、どうなんだろう・・・。


ということで、気持ちだけありがたく。




こういうのは、ほのかに、じんわりと嬉しい。



愛されてるなあ、私。

と思ったのでした。




「幸せは感じるものだ」って言うけど、本当ね。






でも、次は握り寿司じゃなくて海鮮丼にしてみよっと。